カユキモチーを作るきっかけになった事

痒い時、オーブンで熱して当てていた石。

アトピーが酷かった当時、
僕が熱湯シャワーの代わりに実行していたのは

「手の平サイズの丸い石をオーブンで熱し、
ハンカチに包んで患部に当てる」

という方法でした。

痒い時、オーブンで熱して当てていた石。

石を当てていると、熱がじんわり伝わります。
すると「熱が患部の奥に届いた」という感覚があります。
それは、
「掻き毟っても届かない、
皮膚の奥にある痒みに刺激が届く」
という、何とも言い知れぬ心地良さです。

そして「熱が患部の奥に届いた」と感じると
それ以上はそこに当てても快感が得られなくなりますので
少し場所を変えて石を当てます。

痒くて眠れない時、僕はよくこれをしていました。
すると痒みが去って、安眠できたのです。

アトピーが酷かった頃、
僕は医学・・西洋医学に疑いを持っていました。
ステロイドの副作用を知らされることなく使い続けた結果、
症状が悪化した経緯があったからです。
( *注* )

医者の態度にも憤りを感じていました。
医学の至らなさを認める医者が僕の周りには
一人も居なかったからです。
そんな事がきっかけになって僕は治療法を独自に探求しました。
その中の一つが「熱石」だったのです。

* 注*
その後、ステロイドの副作用で苦しんでいる方々が、
世界中に沢山居る事を知りました。
ステロイド外用剤は
「ステロイド外用剤依存症」に陥る危険がある事を知りました。

詳しくはITSANの動画をご覧下さい。




スポンサーリンク