思考から離れて「今」を感じるエクササイズ

ネガティブな感情が押し寄せて
辛い時は
真実に触れるチャンスです。

そんな時は
是非試してみて下さい。

真実は
思考を超えたところからやって来ます。
思考が止んだ
その隙間からやって来ます。

ネガティブな感情がない
普段の時は
エクササイズの2からやって下さい。

このエクササイズをすると
思考から離れられるようになるので
思考の影響を受けなくなります。

心のお喋り(思考)が現実だ
という錯覚からも抜けられます。

また、自分の中の
ビリーフ(思い込み)を
発見する手掛かりにもなります。

僕は
禅寺から帰ってきた後
3か月間、1日中やり続けました。
(寝てる時も夢の中でやっていました。)
本当にバカみたいに1日中やってました。
アスペルガー気質なので
同じことをずっと繰り返すのは得意なのです。

そしたらある朝
思考が止んだその隙間から
頭の中心から眩い光がやってきて

愛のエネルギー
愛の意味を
思考を超えた領域で体感する

という経験をしました。
17年前の出来事です。

これをやったら誰でもそうなるのか?
興味ある人は試してみて下さい。

1.不安・心配・怒りなど、
ネガティブな感情が押し寄せている時は
身体に何か変化があると思います。

胸がキューッと締め付けられる、
身体がズーンと重たい、
喉が息苦しい、
目がウルウルする感じとか・・

その感覚に意識を向けて、感じて下さい。
五感を研ぎ澄ませて、
出来るだけ、つぶさに感じて下さい。

例えば
湯舟に浸かった時、
お湯の温かさ、湯気が頬を撫でる様子を
感じるのと同じように。

アイスクリームを食べた時、
その冷たさ、甘味、舌の上でとろける感じを
感じるのと同じように。

苦しくても、気持ち悪くても
そこから逃げずに
ただ感じる事に専念して下さい。

嫌~な感じを
積極的に、つぶさに、たっぷり、味わって下さい。

2.何か言葉(考え)が浮かんできたら、
その言葉を呟いて下さい。
声を出さなくて良いので、
出てきた言葉を
すごくゆっくり、
声を出さずに呟いて下さい。
声を出したければ
出して呟いて下さい。
その時、
唇の皮膚感覚や、口の筋肉の動きを
感じて下さい。

例えば
あの人、何であんな態度を?
って言葉が浮かんで来たら

な ん で あ ん な た い ど を
あ ん な た い ど
あ ん な た い ど
た い ど

と呟きながら
唇の皮膚感覚や、口の筋肉の動きに
意識を合わせます。

3.すると思考から離れられるので
思考は止みます。
その時の感覚を、全身の五感で感じて下さい。

4.ネガティブな感情が
再び出てくる場合は1を行って下さい。

5.言葉が出てきたら
2を行って下さい。

ネガティブな感情が、自然に収まるまで
何度も何度も繰り返して下さい。
ネガティブな感情を消そうとしないで下さい。

ネガティブな感情は
決して悪いものではないので
出てくる感情や体の感覚に
寄り添ってあげて下さい。

今の自分を変えようとしないで下さい。

決して
何も目指さないで下さい。
やることは
純粋にただ観察し感じるだけです。
上手く出来てるか?
など自分をジャッジしないで下さい。
ジャッジしてる自分に気付いたら
そのままの自分を受け入れて下さい。

思考が湧かなくなることを
目指すのでもなく
思考が湧かない
静かな状態に留まることを
目指すのでもなく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク