お茶摘みをしました。

生垣がお茶の木

僕の住む育生町は
家の生垣がお茶の木なんです。
なので僕もお茶摘みをしました。

お茶の葉は、
紫外線を浴びると、
渋み成分のカテキンが増えるんです。
紫外線が少ないと、甘み成分のテアニンが増えるんです。

育生町は温暖で良く雨が降る。
そして霧に包まれることも
しばしば。

この霧のお陰で
適度な渋みに甘みが加わった、
美味しいお茶ができるんです。

もしかしたら
この天然の潤いに満ちた環境は
アトピーの人の
お肌にも優しいのかも。

お茶摘みの様子

手入れは、伸び過ぎた枝を刈る。
それだけ。
なのに毎年こうして芽を出してくれる。
もちろん無農薬なんです。

軽く蒸します。

フライパンで軽く蒸すと
お茶の香りが立ち込めてくるんです。
そしたらほど良く
ふにゃふにゃに。

お茶を揉む。

そしたら、お茶を揉むんです。
身体を揉むのとは違います。
お茶の葉を
手の平ですり合わせるんです。

お茶を揉んだ。

本当は針のように細長くなるのが
良いんです。
まだ修行が足りないのです。

これを
乾燥させたら美味しいお茶の
出来上がりなんです!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク